トップページ > サービス/メニュー > 脱毛ガイド > 脱毛に重要な毛周期と毛が生えてこなくなる理由

脱毛に重要な毛周期と毛が生えてこなくなる理由


人の体の毛は、生えてきて、部位により一定の長さに到達すると、自然に抜けていくを繰り返しています。

このサイクルを「毛周期」と呼びます。毛周期は、成長期、退行期、休止期の3つに分けることができます。

毛が伸びている段階を成長期。退行期では毛が伸びるのが止まります。毛が抜け落ちていく段階を休止期。


成長期 → 退行期 → 休止期


その後はしばらくたつと、また毛が成長し始める成長期に入る。これを繰り返します。

業務用脱毛機では、一般的に毛周期の中の「成長期に入っている毛に対してのみ作用させる」ことができます。

そのために、休止期や退行期に入っていた毛には作用しないことになります。

つまり、脱毛したい箇所のすべてのムダ毛に作用させるためには、一度では脱毛が完成しない理由がコレです。

成長期に脱毛施術で光を浴びた毛は、一週間から二週間ほどたつとスルスルと自然に、毛根から抜け落ちていきます。

脱毛施術で光を浴びた毛は、毛根周辺の細胞が休眠状態あるいは、部分的な細胞のみが発毛をおこなっている為、前者の場合は毛は生えて来なくなり、後者の場合は以前よりも細く色の薄い毛質に変わってきます。

この状態からトリートメントを重ねることで、残っている細い毛も、毛根周辺の細胞がすべて休眠状態にかわり、生えてこなくなります。

当サロンの脱毛は、美白効果も高く「美肌脱毛」とも呼ばれています。

自己処理によりダメージを受けた肌などの回復の期待だけでなく、トリートメント毎に、徹底して保湿をしますので、つやつやした肌へと導きますので、素肌に自信が持てるようになった!という喜びの声を多数いただいております。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 山口県下松市 痛くない人気の脱毛サロン『Salon de Kai』 All Rights Reserved.