トップページ > サービス/メニュー > 脱毛ガイド > 自己処理のリスクについて

自己処理のリスクについて


気になるムダ毛は、やっぱり自己処理してしまうと思います。
自己処理の方法は、さまざまですが主に下記のやり方が多いでしょう。


★代表的な自己処理方法
*カミソリ
*毛抜き
*WAX
*クリーム関連
*市販の脱毛機器


★自己処理による肌へのデメリット


*カミソリ
一番人気の自己処理方法ですね。広範囲を簡単に処理することが出来ます。
ですが、カミソリは刃物ですので、肌の表面(バリア機能)を弱め、更に角質を剥がしてしまう行為となり、肌荒れ・乾燥・かぶれなどを引き起こします。
また、カミソリで剃る行為を続けると、毛穴が黒く見える色素沈着になったり、処理したお肌は、チクチクとするので不快に思う人も多いです。


◎毛抜き
ワキやVラインに多いのが、毛抜きによる自己処理です。
毛根ごと引き抜くため、仕上がりがきれいに見えますが、毛抜き行為は一番ダメージが強い自己処理となります。無理やり引き抜くことにより、毛乳頭が分裂をしてしまい、1つの毛穴から2,3本生える「異常毛」や角質の中に埋もれてしまう「埋もれ毛」など、肌トラブルを引き起こします。


◎WAX
クリームのような形状のものを肌に塗布して、一気に剥がす方法です。
例えていうなら、強力なガムテープで毛を引き剥がす行為と同じですので、当然、肌への負担は大きく、赤み・肌荒れ・色素沈着などを引き起こします。


◎クリーム関連
毛を脱色したり、溶かす自己処理方法です。非常に強い成分の働きによる作用となる為、肌へのダメージが大きいです。
アレルギーや敏感肌の方はオススメしません。
肌荒れ・炎症・色素沈着などを引き起こします。


◎市販の脱毛機器
さまざまな脱毛機器が販売されていますが、基本的には毛を一時的に減らしてくれたりするものが多いです。また、種類によっては、扱い方を気をつけないと、やけどや色素沈着などを引き起こす可能性があります。


最後に。。。。。
自己処理は手軽ですが、肌に与えるダメージは大きいので、あまりオススメいたしません。
どうしても気になるなら、やはり脱毛することが肌への負担を考えると良いと思います。
脱毛することで自己処理のリスクもなく、ツルツル肌となることで、自分に自信も持てます♪

ページトップへ戻る
Copyright(C) 山口県下松市 痛くない人気の脱毛サロン『Salon de Kai』 All Rights Reserved.